ラグジュTV 353

大人しく、多くを語らない智花さん。それでも性感帯だけは「乳首です…」とはっきり答えてくれた。結婚して2年。旦那さんは仕事が忙しく帰りも遅い。セックスレスで乳首も全然愛撫してくれない。旦那さんがいない間はローターを使い自分を慰めるという。寂しくて人肌恋しくなり男性に触れたい気持ち一心で応募してきてくれた。感じるという乳首を拝見すると綺麗なピンクでピコっと勃起して非常にいやらしい。クニクニと触ると「んんっ…」と大人しめに声を出す。乳首と同じくらい触られるのが好きだというクリも丁寧に舐める。小さくピンク色した綺麗なま◯こ。非常に美味だ。四つん這いにしてアナルも確認するとキュっとしまって綺麗なアナル。「ここの経験はあるんですか?」と聞くとまさかの「…あります」との返答が!旦那さんとアナルセックスまでしたことがあるという。こんな綺麗なアナルとま◯こ両方試せるなんてさすが旦那。羨ましい。バイブを突っ込むと腰をガクンガクン動かし、喘ぎ声は控えめながら激しく感じている。パンツの上から男優の熱い男根をさすさすし、欲しがった。パンツをめくると激しくデロデロと舐めまくる。アソコにバイブを挿れたまま久しぶりのち◯こを嬉しそうに頬張る。「きもちいぃ…」といいながら頬を凹ませじゅるじゅるぺろぺろ。くいっと上がるお尻のラインが美しい。薬指の指輪を嫌らしい汁で濡らしながらも手でシコシコしてくれる。ご無沙汰だったという智花さんの小さいま◯こに挿入するとキツキツのま◯こはじっくりじっくり太い肉棒を受け入れ、徐々に喘ぎ声が大きくなった。

出演女優紹介

関連作品

コメント

PR